ドラッグ&ドロップ操作を動画で体験!
  • オーダーセット、記事文例は、カルテにドロップするだけで、複数の指示を作成することができます。
  • 保存されたオーダー、記事などは、カレンダー上でドラッグ&ドロップによる一括コピーが可能です。
  • オーダーの確定、確定解除、削除などは、カレンダーの一括実行機能と組み合わせれば、とても便利です。
ドラッグ&ドロップ操作 《応用》



«« ドラッグ&ドロップ操作説明»»

  1. 文例集からオーダーセットをドラッグし、カルテへ
    ドロップします。
  2. 数種類のオーダーが展開されます。
  3. オーダー内容を確認し、それぞれ未確定保存します。
  4. カレンダーを表示し、先ほど保存したオーダーを
    コピーします。
  5. コピーされたオーダーを確定(指示の有効化)します。
※ 本動画の操作例はシステム機能を説明するもです。
※ 診療行為に基づく操作ではありません。


電子カーデックスでオーダーや記事をマッシュアップ!
  • 職種・役割・場所(外来、病棟、回診)など、多種多様な業務シーンに合わせた配置が設定可能です。
  • 電子カーデックスはデフォルト(初期位置)をいつでも変更できます。カルテを開く度に画面位置やサイズを整える必要はありません。
  • 個人ごとに管理しますので、必要な情報を必要なタイミングでGet!情報収集から入力までの思考を妨げません。
電子カーデックス



«« 看護業務の日常的な場面 »»

  1. ナースコールを受け、患者様の診療録を確認する。
    (カルテを開く)
  2. いつものデフォルト(初期位置)が自動設定される。
  3. サイズを拡大して詳しく内容を確認する。
  4. カレンダー項目を変更し、新規オーダーや他の利用者が追加した情報を確認する。
    ※ 項目のグループや表示する位置は個人設定です。
  5. ベッドサイドに移動する前に、患者状態を確認する。
    (電子カーデックスを切り替える)


基本操作はドラッグ&ドロップ
  • オーダー、記事の基本操作はもちろん、作成、コピーなど様々な場面でドラッグ&ドロップ操作可能です。
  • もう、隠されたキーボードの機能を探索する必要はございません。あるべき場所にドロップするだけだからです。
オーダー入力操作
記事入力操作

Mac 互換のシンプル操作
  • 基本操作に右クリックは使用しません。
  • Mac、Windows どちらでも使い慣れた環境でご利用頂けます。

Mac OS X Leopard - Safari 3 による表示

Windows Vista - Internet Explorer 7 による表示


パソコンへの情報保存はゼロ
  • インターネット技術により、患者様の情報、スタッフ認証や設定情報などはパソコンに保存しません。
  • インターネットブラウザ上で実行される電子カルテですので、利用者によるインストール作業が不要です。
  • 診察室、医局、会議室など、どこでも院内LANに接続されたパソコンからアクセス可能です。

Copyright 2008-2009 Institute of Medical Information Technology Co.,Ltd